DNV GLは、パリの気候目標を満たすために2030年までに8倍の風力と太陽光発電が必要であると判断

- Sep 15, 2019-

出典:DNV GL

 

2019年9月11日、オランダのアーネム–エネルギーの移行には、地球温暖化を2°Cを大きく下回るように制限し、パリ協定の目標を達成するために、10倍以上の太陽光発電と5倍以上の風力を他の技術対策と組み合わせて必要としますDNV GLの最新のエネルギー移行の見通し:電源および使用レポート。 報告書は、エネルギーの移行が以前考えられていたよりも速いペースで集まっているが、パリ協定で定められているように、地球の気温が2°Cを大きく下回るのを抑えるにはまだ速すぎます。

 

予測されたペースで、DNV GLの予測は、産業革命直前の期間よりも今世紀末の方が2.4°C暖まる可能性が最も高い世界を示しています。 この技術は、気候目標を達成するのに十分な排出量を抑制するためにすでに存在しています。 これを確実に行うために必要なのは、広範囲にわたるポリシー決定です。

 

DNV GLは、排出ギャップ、エネルギーシステムが脱炭素化される予測レートと到達する必要があるペースとの差を埋めるために、次の技術対策を実施することを推奨します。パリ協定で定められたとおり。

 

この対策の組み合わせには以下が含まれます。

 

2030年までに太陽光発電を10倍以上5TWに、風を5倍に3TWに増やすと、世界の年間電力使用量の50%を満たします。


2030年までに年間5,000万台の電気自動車に必要なバッテリーの生産が50倍に増加し、過剰な電気エネルギーを保存するための新技術への投資と、電力網が増加する太陽光と風力の流入に対処できるソリューションを提供します。


電気自動車を大規模に充電するための新しいインフラストラクチャを作成します。


2030年までに送電網の拡張と強化に必要な年間投資額は1.5兆ドルを超えます。これには、可変高風力と太陽光発電のバランスを取るための超高電圧送電ネットワークと広範な需要応答ソリューションが含まれます。

今後10年以内に、世界のエネルギー効率の改善を年間3.5%ずつ増やします。


建物や産業を加熱し、燃料を輸送し、電力網で過剰な再生可能エネルギーを利用するためのグリーン水素。

重工業部門の場合:電気加熱を含む製造プロセスの電化の増加。 ストレージソリューションと組み合わせたオンサイトの再生可能エネルギー源


ヒートポンプ技術と断熱性の向上。


市内通勤と長距離旅客および貨物輸送の両方のための大規模な鉄道拡張。


炭素回収、利用、および貯蔵設備の迅速かつ幅広い展開。


エネルギー移行の驚異的なペースが続いています。 DNV GLのレポートは、2050年までに太陽光発電と風力エネルギーからの発電が年間36,000テラワット時間であり、今日の出力の20倍以上になると予測しています。 大中華圏とインドは、世紀半ばまでに太陽エネルギーの最大シェアを獲得し、中国の世界の設置済みPV容量の40%のシェアを獲得し、続いてインド亜大陸の17%を獲得します。

 

報告書によると、世界的には、再生可能エネルギーは2050年までに世界の電力の約80%を供給します。 電動化により、ヒートポンプ、電気アーク炉、電気自動車の革命が増加し、2032年に販売されたすべての新車の50%が電気自動車になります。

 

この急速なペースにもかかわらず、エネルギー遷移は十分に速くありません。 DNV GLの予測では、驚いたことに、1.5°Cの温暖化限界では、2050年には残りの炭素収支が枯渇し、2050年には770 Gt CO2のオーバーシュートが発生します。

 

私たちの研究は、技術には排出ギャップを埋め、クリーンエネルギーの未来を創造する力があることを示しています。 しかし、時間は私たちに反しています。 これらの技術的対策は、並外れたポリシーアクションによってサポートされている場合にのみ成功することができます。 DNV GL EnergyのCEOであるDitlev Engelは、次のように述べています。「再生可能エネルギーの増加、エネルギー効率対策に対する経済刺激策、輸送の電化を加速する規制改革に対応するために、電力網を拡大および適応する政府の政策を求めています」 「政府、企業、社会全体として、エネルギー移行を迅速に追跡するために、一般的な考え方を「通常のビジネス」から「通常のビジネス」に変える必要があります。

 

報告書はまた、エネルギーの移行は手頃な価格であり、世界はGDPのより小さなシェアをエネルギーに費やすことを示しています。 現在、世界のエネルギー消費はGDPの3.6%ですが、2050年には1.9%に低下します。これは、再生可能エネルギーやその他の効率性の急激なコストによるもので、移行を加速するための投資を増やすことができます。

 

DNV GLは、パリ協定に署名した197か国すべてに、2020年までに更新された国内決定拠出に対する野心の引き上げと実現を訴えます。国連気候変動枠組条約事務局に提出された最初のNDCs再生可能エネルギーに、そしてエネルギー効率に58%。 DNV GLは、政治指導者に対し、これらの割合は両方とも2番目のNDCで100%である必要があることを求めています。