2020年にさらに142 GW増加する太陽光発電設備

- Jan 18, 2020-

ソース:ihsmarkit


REW_IHS_Growth_142GW_2929


IHS Markitによる新しい2020年の世界の太陽光発電(PV)需要予測によると、世界の太陽光発電設備は新しい10年まで2桁の成長率を継続します。 2020年の新規年間設置台数は142ギガワット(GW)に達し、前年より14%増加すると同社は述べています。


予想される142ギガワットは、過去10年(2010年に20 GW)の開始までに設置された全容量の7倍です。 成長は、地理的リーチの面でも大幅に増加しています。 2010年には1 GW以上の設備容量を持つ7か国があり、それらのほとんどはヨーロッパに限定されていました。 IHS Markitは、2020年末までに43か国以上がそのしきい値を満たすことを期待しています。


IHS MarkitのClean Technology&RenewablesのディレクターであるEdurne Zoco氏は、次のように述べています。 「2010年代が技術革新、大幅なコスト削減、大規模な補助金、および少数の市場による優位性の10年だった場合、2020年は、補助金なしの太陽光発電、多様化、世界中での太陽光発電設置需要の拡大、企業の新規参入者の増加、および増加の10年を示します従来のエネルギー源に対する競争力。」


中国などの大規模市場は、当面の間、新規設備の大きなシェアを持ち続けるでしょう。 ただし、他の場所で容量が追加されるにつれて、世界的な太陽光発電設備の成長に対する中国への過度の依存は今後数年間減少し続けます。 世界の主要市場である中国以外の施設は、2019年に53%も成長し、2020年には2桁成長を続けると予想されます。全体として、上位10のソーラー市場は、市場全体のシェアが低下する見込みです。 73%、2010年の94%から減少。


「中国は、太陽光発電設備の総合リーダーとして抜群の地位を維持します。 Zoco氏は次のように述べています。「なお、主要市場は、特に技術革新のテストベッドとして、太陽電池産業の発展にとって重要です。ポリシー開発と新しいビジネスモデル。」


IHS Markit 2020グローバル太陽光発電需要予測の地域別ハイライト:

中国– 2020年の太陽光需要は、2017年の50 GWの歴史的な設置ピークよりも低くなります。中国の需要は、ソーラーが補助金を受けず、他の形態の発電と競合する方向に移行しつつあります。来年発表される新しい第14次5カ年計画のリリース。

米国-2020年には設備が20%成長すると予想され、世界で2番目に大きい市場としての米国の地位を強化します。 カリフォルニア、テキサス、フロリダ、ノースカロライナ、およびニューヨークは、今後5年間で米国の需要が増加する主な要因となります。


ヨーロッパ– 2019年にほぼ2倍の設置が行われた後、ヨーロッパは2020年の宿屋の成長を続け、24 GWを追加します。2019年より5%増加します。スペイン、ドイツ、オランダ、フランス、イタリア、ウクライナ来年のEUの総インストール数の63%を占めています。


インド– 2019年の横ばいの一年に続いて、政策の不確実性と太陽電池とモジュールに対する輸入関税の影響により、設備は再び成長し、2020年には14 GWを超えると予想されます。成長への回帰を促進します。