PV MAGAZINEによるソーラーモジュール生成テスト

- Feb 11, 2019-

PVマガジンから

2018年11月、中国西安の試験設置場所からの結果。

発行番号01-2019 2019年1月15日

 

2018年11月に中国の西安で行われた屋外試験場の次回のエネルギー収量結果をpv magazineの読者に紹介します。

6月から11月までの月次発電量データは、下の表「発電量の順位」に示されています。 バイフェイシャルとモノのPERC製品が上位5位を占めています。 Longi(LR6-60BP-300M)のバイフェイシャルモノPERCモジュールは11月に含まれています。 結果には、2018年11月21日にテストフィールドにインストールされたPhonoからの新しく追加されたモノラルPERCモジュール(PS380MH-24 / TH)は含まれていません。この製品の結果は来月発表される予定です。

新しくインストールしたPhonoモジュールの性能を他のモジュールと比較するために、右の3番目のグラフに示すように、11月21日から30日までの1日の平均収量を計算しました。

下の2番目の表は、バイフェイシャルブーストのデータを示しています。 新しく追加されたLongi Bifacialモジュールが11月の分析に含まれました。

右下のグラフは、11月のさまざまなテクノロジ間の比較を示しています。 バイフェイシャル、モノPERC、およびモノモジュールは、平均エネルギー収量レベルを上回って動作しています。 多結晶シリコン太陽電池モジュールは、平均エネルギー収量レベルで機能しています。

歩留り測定に関する注記

エネルギー収量はWh / Wpで与えられ、モジュールのSTCでモジュールによって生成されたエネルギーをPMAXで割ることによって計算されます。 このPMAXは安定化プロセス後の最大STC電力です。

結果はモジュールタイプごとにカテゴリでグループ化されています。 バイフェイシャルブーストは、バイフェイシャルファクター、設置ジオメトリ、地面のアルベド、さらに太陽の角度と拡散放射照度といった多くのパラメータに依存します。 この場合の地面は、緑の芝生を模したプラスチックカバーです。


energy-ranking-outdoor-test 1


pv-test-bifacial 2



Energy yield_test_data