より大きなソーラーウエハの処理に必要なアップグレードはVDMAと言います

- Nov 06, 2019-

ソース:pv-magazine



ドイツのエンジニアリング協会であるVDMA(Verbandes Deutsches Maschinenbau Anlage)は、年次太陽光発電国際技術ロードマップ(ITRPV)レポートの更新を公開しました。


このアップデートでは、ドイツの太陽光発電装置サプライヤーにとってウェーハサイズの重要性が高まっていることに注目しています。中国の太陽電池メーカーロンギは今年、Zhonghuan Semiconductorが210mm「kwafoo」ウェーハでさらに大きなフォーマットをプッシュする前に166mm「M6」ウェーハを導入しました8月に。


ドイツの太陽電池生産ラインの機器サプライヤーは、ウェーハ市場の動向を注視しており、VDMAは、161.7mm「M4」サイズより小さいウェーハサイズのみを既存のラインで修正なしで処理できることを示しています。 エンジニアリング協会によると、166mm以上のスケールのウェーハには、単結晶技術と多結晶技術の両方、およびセル生産とモジュール生産の両方に新しいラインが必要になるという。


スループットの恐怖


VDMAはそのレポートで、セル生産のさまざまな段階のスループットの不一致も発見し、コスト削減に対する別の潜在的な障壁を提示しました。 ITRPVの調査では、化学プロセス(バッチおよびインライン)が2021年までに1時間あたり9,000ウェーハに近いスループットを達成する一方で、メタライゼーション、分類、熱処理などのプロセスが1時間あたり6,000に達するのに苦労していることがわかりました。


報告書によれば、この差は今後10年間続き、2029年にウェット化学プロセスでスループットが1時間あたり最大15,000枚まで急速に増加し、他の段階に追いつくことに挑戦する可能性があります。 「メタライゼーションおよびテスト機器については、2023年までに1時間あたり最大10,000ウェーハが予想されますが、これには多大なエンジニアリング努力が必要になります」とレポートは読みます。 「熱処理は、スループットの面で多少遅れると予想されます。 そのため、熱処理のスループットを向上させる革新的な機器/プロセスソリューションが必要です。」