AISIAは政府にソーラー機器に50 PCの基本的な関税を課すよう要請

- Aug 23, 2020-

出典:newindianexpress


AISIA Urges Govt To Impose 50 Pc Basic Custom Duty On Solar Equipment


インド全土ソーラー産業協会(アイシア)木曜日、政府は国内メーカーの維持のためにソーラー機器に少なくとも50%のBCD(基本関税)を課すことを求めた。 AISIAは声明の中で、コロナウイルス関連の混乱の後、インドの太陽光製造部門は輸出が減少しているという大きな落ち込みを経験していると述べた。


GGの引用; AISIAは、インド政府にBCDの即時の実施を要請しています。アイシアは言った。

さらに、政府がGG首相の地方運動の声にさらに弾みをつけ、国内メーカーが国内市場での地位を強化できるようにする時期でもあると付け加えました。

Safeguard Dutyと最近の政府のポート近くに土地を提供して製造ユニットを設置するという決定は正しい方向への一歩でしたが、ソーラーメーカーはすぐに一休みすることを求めています。

GGの引用;製造業者の存続は、政府が少なくとも50%BCD、ALMM(承認されたモデルと製造業者のリスト)の実装などの既存の政策の再構築を検討することを要求しています。 GGの引用によれば、国内の太陽電池モジュール製造業者の将来はこれに欠け、衰退しているように見えます。 AISIA会長
Hitesh Doshi前記。

国GG#39;の20年度の太陽光の輸入に対する中国への依存は、13億米ドル相当の輸入で記録された。

このことは、国内メーカーを可能にすることに焦点が移った場合、国内メーカーがGDPに貢献する可能性があることを示している、とドシ氏は、中国や他の国際市場への依存の解消も外国為替を節約すると述べた。

また、パススルーまたは
おじいさん輸入用モジュールボディは言った地元のメーカーからソーラーモジュールを購入するオプションを提供していません。

GG#39;祖父GG#39;新しいルールが将来のすべてのケースに適用される一方で、古いルールがいくつかの既存の状況に引き続き適用される規定です。

GGの引用;これまでに32,000 MWを超えるPPA(電力購入契約)が割り当てられており、同じメリットが地元の製造業者に与えられれば、今後3年間で約45,000 MMのモジュールが輸入されます。"も交換します。と言いました。

さらに、開発者はインドから購入することもでき、インドのメーカーは存続することができると付け加えた。