企業は2020年に過去最高の24GWの再生可能エネルギーを購入しました

- Jan 30, 2021-

出典:ニューアルエコノミー



図1:世界の企業PPAボリューム(2010~2020年)
出典:ブルームバーグネフ。注: データは 2020 年まで、MW DC 容量で報告されます。オンサイト PPA は含まれていません。オーストラリアの袖付きPPAは含まれていません。市場改革前のメキシコPPAは含まれていません。APAC番号は推定値です。これらの数値は変更される可能性があり、より多くの情報が利用可能になると更新される可能性があります


2020年の不条理と逆境にもかかわらず、世界中の企業は、11.9GWを購入する企業と米国が主導して、クリーンエネルギーの記録的な23.7GWを購入しました。


主要なエネルギーアナリストであるブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は火曜日、世界中のクリーンエネルギー電力購入協定(PPA)を追跡する1H 2021企業エネルギー市場見通しを発表した。


BNEFによると、この報告書は、企業の持続可能性に対する利害関係者の関心を高め、クリーンエネルギーへのアクセスを拡大することで、石油・ガスから大手技術に至るまで、世界中の130社以上の企業がクリーンエネルギー契約を締結したことを明らかにした。


BNEFシニアアソシエイトでレポートの主著者であるカイル・ハリソン氏は、「企業は2020年に逆境に直面し、パンデミックの始まりに内部企業機能が混乱し、多くの企業が世界経済が後退するにつれて収益が急落しました」と述べています。


「米国の選挙の前後に疑問符が付いているのは、企業の長期的な意思決定をさらに複雑にしました。このような状況でクリーンエネルギー調達市場を維持するだけでなく、成長させることは、多くの企業の課題に持続可能性がどれほど高いかの証です。


以前から、米国は、前年よりも優勢ではなかったにもかかわらず、最大の企業クリーンエネルギー購入者であり、今年の不確実性と他の市場におけるクリーンエネルギーの魅力の高まりの両方を強調していました。


米国の企業は2020年に11.9GWの企業PPAに署名し、2019年の14.1GWから減少し、2016年以来初めて同国で減少しました。


当然のことながら、2020年上半期は特に落ち着き、企業は今年の最初の6ヶ月間にわずか4.3GW相当の企業PPAを発表しました。


ラテンアメリカは、世界的なCOVID-19パンデミックとその後の景気後退によって大きな打撃を受け、同様にPPAが2019年の2GWから2020年に1.5GWに減少した落ち着いた年を見ました。


しかし、ブラジルの企業が過去最高の1,047MW相当の企業PPAに署名し、多くの企業が同国の自由市場に移行し、開発者と直接二国間のクリーンエネルギー契約を結べることができるため、地域の低迷から明るいスポットが現れました。


一方、メキシコは、この地域の企業PPAの主な引き分けが行なえば、同国のクリーンエネルギーセクターを弱体化させようとする現政権の努力をきっかけに、取引が事実上消滅した。


逆に、米国とラテンアメリカは企業のクリーンエネルギー購入が低迷しましたが、2019年の2.6GWから2020年には過去最高の7.2GWに、企業のボリュームがほぼ3倍になったヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)地域でも同じものは言えきたくありません。


スペインは、強い天然資源と経験豊富な開発者の大規模なプールのおかげで、ヨーロッパで最も安く、最も競争力のある価格のいくつかを誇ったスペインの太陽光および風力プロジェクトによって大部分を駆動し、クリーンエネルギーの4.2GWのPPAを発表し、企業が4.2GWのクリーンエネルギーを発表しました。


一方、フランスの石油・ガス大手トータルやベルギーの醸造家アンハイザー・ブッシュInBevのような企業は、スペインで「国境を越えた」仮想PPAを調整し、スペインでクリーンエネルギーを購入してヨーロッパの他の場所での負荷を相殺しています。


アジア太平洋地域では、記録的な企業PPAが署名され、2.9GW相当の太陽光と風力の契約が締結されました。台湾は企業の主要なクリーンエネルギー市場としての確立を確立し、企業は印象的な1.25GWに署名しました。


台湾の企業リーダーシップは、5MW以上の年間負荷を持つ企業にクリーンパワーの購入を義務付ける同国の新しい政策に続いて、成長を続けるだろう。


BNEFは、韓国がアジアで次の主要な企業調達市場になると予想しており、政策立案者は現在、同国の電力会社法を改正して、PPAメカニズムと韓国電力公社とのグリーン関税プログラムを作成している。


BNEFのサステナビリティアナリスト、ジョナス・ルーズ氏は「これまで以上に、企業は世界規模で手頃な価格のクリーンエネルギーにアクセスできる」と述べた。


「企業は、もはやクリーンエネルギー目標に向けて設定し、取り組むのに遅れをとるための言い訳を持っていません。


当然のことながら、世界的なオンライン小売業者アマゾンは2020年にクリーンエネルギーの主要な購入者であり、合計5.1GWの35の新しいクリーンエネルギーPPAを発表し、同社の購入済みクリーンパワーの合計を7.5GWに増やし、世界最大のクリーンエネルギーバイヤーとしてライバルのグーグル(6.6GW)とFacebook(5.9GW)を上回りました。


一方、トータルは3GW、台湾の半導体メーカーTSMCは1.2GW、米国の通信ベライゾンは1GWです。



図2:企業のクリーンエネルギー購入者トップ(2020年)
出典:ブルームバーグネフ。注: グラフは MW DC にあり、オフサイト PPA のみを含みます。データは、公表に基づいています



企業のクリーンエネルギーPPAに署名する企業の増加は、クリーンエネルギーのコミットメントを行う新しい企業の数に反映され、持続可能性とクリーンエネルギーに対する市場の関心と支持を示しています。


2020年には、合計65社の新企業がRE100イニシアチブに参加し、電力消費量の100%をクリーンエネルギーで相殺するというコミットメントを反映して、BNEFは285人のRE100メンバーがRE100目標を達成するために2030年までにさらに269TWhのクリーン電力を購入する必要があると予想しています。


さらに、この不足が企業PPAの使用によってのみ達成されるならば、それは新しい太陽と風力の推定93GWを触媒するだろう。


「持続可能性に対する投資家の関心は高く、持続可能性に焦点を当てたファンドへの流入は2019年から2020年の間に300%増加している」とハリソンは述べた。


「石油・ガスや鉱業など、全てのセクターの企業はクリーンエネルギーの購入や脱炭素化を求めている。このグループは、それが触媒することができるクリーンエネルギー構築の量に表面を傷つけているだけです。