10 MWの太陽光発電所がチュチュジアのトズールに委託

- Aug 10, 2019-

ソース:africanmanager


First part of solar power plant put into commission Tozeur Tunisia


ユーセフ・チャヘド首相は先週の水曜日、トズール1太陽光発電所の最初の部分を操作するための青信号を出し、トズール2の作業の開始を発表した。

 

6,200万ディナールに相当する2つの太陽光発電所は、40ヘクタールの面積に広がっています。 これらはチュニジアの電力とガスの会社(フランス語:STEG)によって実施され、ドイツ国際協力機構(GIZ)によって資金提供されています。

 

このプロジェクトは、年間36ギガワットの電力を生産することを目的としており、年間8,000トンの天然ガスを節約し、二酸化炭素排出量を17,000トン削減します。

 

2つの工場は18,000人の消費者のニーズ、つまりトズールの住民のニーズの3分の1を満たす、と首相はメディアに語った。

 

「トズールは、2021年第1四半期から太陽エネルギーのニーズを100%満たすチュニジア初の州になります」と彼は言いました。

 

「このプロジェクトは、再生可能エネルギーから30%の電力を生成することを目的としたチュニジアのエネルギー計画の一部です」とChahed氏は付け加えました。 入札された他のプロジェクトが実行され、さらに2,000メガワットを生成します。

 

「STEGが工業用ステーションを開発するのはこれが初めてです」と施設のCEOであるモンセフ・ハラビは述べました。 太陽光エネルギーから生産された最初のキロワットは、今日、全国の電力網に注入されたばかりです。