完全なCFD提案には、技術ポットの負の価格設定とエネルギー貯蔵への将来の変更が含まれます

- Mar 06, 2020-

ソース:current-news.co.uk


画像:BEIS。


差額契約スキームの変更に関する正式な協議文書には、技術ポットの潜在的な改訂、負の価格設定規則の延長、エネルギー貯蔵計量要件の緩和が含まれています。


本日、政府は、確立されたいわゆる「ポット1」技術を将来のCfD配分ラウンドに歓迎し、陸上風力発電と太陽光発電が潜在的な支援を求めて競争できることを明らかにしました。


今晩(2020年3月2日)に発表された正式な協議文書には、これらの潜在的な変更の詳細が記載されており、来年から確立された技術が戻ってきます。


事業・エネルギー・産業戦略局(BEIS)が開始した協議は、来年開催予定のアロケーションラウンド4(AR4)からポット1技術の競争を導入することにより、確立された技術を再び支援する政府の意図を確認します。 。


BEISは、協議の中で、商人ベースの補助金支援なしで前進する確立された技術を認識しているが、脱炭素化に必要な再生可能エネルギー容量を提供するためにそのようなプロジェクトの数が不十分になるリスクが残っていると書いている。


しかし、契約をめぐって競合するすべての技術は、依然として地域社会の支援を受けなければなりません。 このようなコミュニティには、開発に関する「より効果的な声」が与えられ、プロジェクトを進めることができるかどうかについて「決定的な発言権」が与えられます。


変化、ビジネスおよびエネルギーの秘書であるアロク・シャルマ(彼自身はわずか数週間の仕事で)についてコメントしました:「気候変動への貢献を終えることは、英国を再生可能エネルギーの世界的リーダーにすることを意味します。


「私たちは、すべての人に役立つ方法でそれを行うことを決意し、地域社会に耳を傾け、彼らに影響を与える決定において効果的な声を与えます」


しかし、BEISは、技術を異なるポットに再割り当てするという将来の衝動に抵抗しました。 £39.65 / MWhで、2023/24年に納入予定の第3配分ラウンドでのいくつかの洋上風力発電プロジェクトのストライク価格は、それらが十分に成熟して確立される見込みがあることを示しましたが、BEISは技術の再配分、またはテクノロジーに中立なオークションの導入により、低コストの再生可能エネルギーが、より重要な規模で展開できるものによって負担されるリスクが高まりました。


しかし、この協議では、ポットの代替構造を提案し、洋上風力専用に切り分けられた新しい「ポット3」を導入し、浮体式洋上風力をポット2に置き換えました。この背後にある理由と考慮すべき問題は、相談の21ページと22ページに記載されています。


エネルギー貯蔵


しかし、英国のエネルギー貯蔵産業の関心は、CfDラウンド配分への貯蔵の追加を課すセクションによって最も刺激され、オークションが調達する再生可能容量のより広範なシステム統合に重要な資産クラスをみなします。


現在、それぞれの契約の条件に準拠している限り、CfDサイトにストレージを追加できますが、施設自体の一部とは見なされないカウントで個別に計測する必要があります。 2016年からの協議では、この追加の測定は多くの回答者による負担として説明されました。


したがって、BEISは、CfD契約を上陸させる再生可能発電機とのより広いコロケーションを促進するために何ができるかを探求するための一連の質問を求めています。 CfDフレームワーク、およびコロケーションをより容易にするためにどのような変更を導入できるか。


マイナス価格


協議には、CfDフレームワーク内でのネガティブ価格設定の処理方法の変更の範囲も含まれています。これは、今年これまでのところこのような期間の発生率の増加を考えると、特にタイムリーな要因です。


既存のフレームワークの下では、発電機の差額支払い-前日価格とストライク価格のトップアップ支払い-はそのストライク価格で制限されます。つまり、価格がマイナスに下落した場合、オペレーターはより多くの支払いを受け取ることができません。 さらに、価格が6時間以上連続してゼロを下回った場合、すべてのCfD支援発電機への支払いを停止するルールが追加され、消費者のコスト増加のリスクを軽減するように設計されています。


政府は現在、既存のネガティブ価格設定ルールを拡張し、1日あたりの時間単価がどの期間でもマイナスの場合にCfD発電機に差額が支払われないようにすることを提案しています。 この変更は、契約者が「システム全体に役に立たない」方法で発電するのを思いとどまらせ、発電機がストレージを追加するなどして、応答性と柔軟性を高めるインセンティブを強化するだろうとBEISは言う。


CfD契約のより具体的な改訂案は後日公開される予定であり、BEISはバリンガにネガティブ価格の分析を委任しました-コンサルテーション文書に含まれています-部門は、さらなる変更の可能性に関する証拠の呼び出しを発行することを約束しましたこの点について。


次のステップ


BEISの協議は2020年5月22日まで開いたままで、その後、部門は回答について審議し、CfDスキームと契約の将来の改訂にそれらを織り込みます。 AR4は、以前に計画されたように2021年に進む予定です。