マスダールとPT PJBIが合弁会社を設立、インドネシア初の浮動太陽光発電プラントの開発を推進

- Dec 19, 2020-

ソース: masdar.ae


Masdar And PT PJBI To Drive Development Of Indonesia’s First Floating Solar 1


インドネシアの国営電力会社PT PLN(ペルセロ)の子会社であるマスダールとPT PJBIは本日、インドネシア初のフローティング太陽光発電プロジェクトであるシラタ浮遊太陽光発電発電所の開発を推進する合弁会社の設立を発表しました。


新会社PT.ペンバンキタンジャワバリマスダールソーラーエネルギ(PMSE)は、プロジェクトが配置される西ジャワ州のシラタ貯水池での式典で正式に発表されました。このイベントは、アラブ首長国連邦・インドネシアウィークの一環として開催され、両国の緊密な関係を示すために今週を通じて開催されました。


「このパートナーシップは、アラブ首長国連邦とインドネシアの間の既に強力な友好関係と二国間協力を強化するのに役立ちます」と、彼の卓越性アブドゥッラ・セーラム・アル・ダヘリ駐インドネシアおよびASEAN地域のUAE大使は述べた。「UAEはエネルギーミックスの多様化だけでなく、自国の国境を越えて専門知識を拡大することを約束している。Cirataプロジェクトは、UAEがインドネシアの再生可能エネルギー部門に初めて投資し、持続可能な開発に貢献するものです。


また、今回のプロジェクトは、東南アジア最大かつ世界最大のプロジェクトで、今年の大きな進展を祝い、2021年第1部で建設を開始する予定です。マスダールは、今年1月にアブダビサステナビリティウィークで145メガワット(ac)工場を発表して以来、インドネシア政府によって国家戦略プロジェクト(PSN)に指定され、優先的地位を与え、国家に経済的、社会的利益を認識しています。


マスダールのモハメド・ジャミール・アル・ラマヒ最高経営責任者(CEO)は、「この合弁会社PMSEの設立により、開発パートナーであるPT PJBIと共に、シラタ浮遊太陽光発電所での並外れた進歩を続けられるようになります。「このプロジェクトは、東南アジアへの参入を示しており、この地域の急速な経済成長と持続可能な開発へのコミットメントを考えると、大きな可能性を秘めています。また、アラブ首長国連邦とインドネシアの間で享受される継続的な強い関係を示し、両国間の知識の移転と交換を支援します。マスダールは、PJBIとPLNとの協力と戦略的パートナーシップの成功を拡大し、インドネシアでのプレゼンスと投資を拡大することを期待しています。


「145 MWac CirataフローティングPVの開発は、PJBI(PJBの子会社)がインドネシアの電力生産者として事業とパートナーシップを発展させる大きな一歩です。合弁会社PJBIをMasdarと共に行い、新たな再生可能エネルギー発電所の開発に貢献することを約束します。この協力が、インドネシアと地域におけるPJBIとマスダールの協力の第一歩になることを願っています」とPJBIのグナワン・ユディH社長は述べています。


完成すると、6200ヘクタールの貯水池の250ヘクタールの敷地に位置するシラタ浮遊太陽光発電所は、50,000戸の住宅に電力を供給し、214,000トンの二酸化炭素排出量を相殺し、最大800人の雇用の創出に貢献します。


世界最大の群島であるインドネシアは、電力インフラ加速プログラムの下で、2025年までに再生可能エネルギーからのエネルギーミックスの23%を目標としています。政府は現在、600以上の湖や貯水池を利用して、60以上の浮遊太陽光発電プラントを追加開発し、貴重な土地資源の保全を支援する計画を検討している。


国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によると、再生可能エネルギーの拡大は、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域最大のエネルギーユーザーであるインドネシアを、大気汚染や気候変動への影響が含まれる場合、年間517億米ドルもの節約になる可能性があるという。


COVID-19後の世界で持続可能な回復を実現することは、来月開催されるアブダビサステナビリティウィークの一環として開催されるADSWサミットで重要なテーマとなります。Masdarが主催する仮想サミットは、政策、ビジネス、技術のリーダーを集め、持続可能な開発を再考し、社会的、経済的、技術的なコラボレーションの道を開きます。