N.マケドニア、石炭から太陽への転換の先駆者としてEUの称賛を獲得

- Feb 20, 2020-

ソース:Financialpost.com


N. Macedonia Wins EU Praise For Pioneering Coal-to-solar Shift


SKOPJE —欧州連合のエネルギー監視機関は、汚染を削減し、気候変動に取り組むという目標に沿って、老朽化し​​た炭鉱を2つの太陽光発電所に転換するためのEU志願者の先駆的プロジェクトとして、北マケドニアを称賛しました。

27のメンバーからなるブロックは、世紀半ばまでに温室効果ガスの正味ゼロになる計画を展開しましたが、ポーランドに率いられた石炭依存のメンバーからの抵抗に直面しています。


EUと9つの意欲的な加盟国によって設立された国際機関であるエネルギーコミュニティは、ブロックのエネルギー政策を自発的なメンバーに拡大することを目指しています。


「このプロジェクトにより、北マケドニアは石炭地域の収益性の改善方法の優れた例を示し、元石炭労働者に新たな雇用機会を提供し、持続可能な地域開発を推進します」と、ウィーンに本拠を置くエネルギーコミュニティ事務局長のジャネスコパックは言いました。ステートメントで。


北マケドニア政府は、州の電力会社ESMと提携して、オスロメジの西部の村の炭鉱の敷地に最大容量100メガワット(MW)の2つの太陽光発電ユニットを建設する投資家を募集しています。


利害関係者は、5月8日までに約8千万ユーロ(8,630万ドル)に相当するプロジェクトの入札を申請できます。


この契約は35年間有効で、その期間中、民間投資家はESMに、ソーラーパークの電力出力を市場価格で販売した収益の10%に相当する年会費を支払います。


有効期限が切れると、プラントはESMに引き渡されます。


入札書類によると、勝者は自由市場で売られた電気からの収入の最も高い割合を提供する入札者になります。 地域取引所HUPEXとOPCOMの電力価格がベンチマークとして機能します。


西ヨーロッパは気候の目標を達成するために石炭から遠ざかりつつありますが、西バルカンは、ヨーロッパで最も汚染度の高い10の石炭火力発電所のうち7つが本拠地です。


北マケドニアの大気汚染にさらされた結果、毎年約1,600人が早死になっていると世界銀行は11月の報告書で述べています。


報告書によれば、大気汚染への曝露による死亡に関連する推定経済コストは、年間5億から9億ドルの範囲であり、2016年の国内生産の5.2から8.5%に相当します。 ($ 1 = 0.9270ユーロ)(Maja Zuvelaによる報告、Barbara Lewisによる編集)