タイ発電公社は6月に世界最大のフローティングソーラーファームを計画

- Jan 26, 2021-

出典:bangkokpost.com


China Starts Operations at World's Largest Floating Solar Farm


タイ国営発電公社(Egat)は、パンデミックによる遅延の後、6月にウボンラチャタニで世界最大とされる45メガワットのフローティングソーラーファームを運営する予定です。


Egatは、エンジニアリング、調達、建設会社として機能するB.Grimm Power Plcと契約を結び、Egat水力発電所が稼働しているSirindhornダムで8億4200万バーツ相当の太陽光パネルを開発します。


水面での発電には、地上の太陽光発電所に相当する450ライの土地が必要です。


当初は昨年12月に稼働を予定していたが、パンデミックにより立ち上げが延期された。

Egat GG#39の水力および再生可能エネルギー発電所開発担当ディレクターのChatchai Mawong氏は、建設は現在82%完了していると述べました。 労働者は12月に最初のロットのフローティングソーラーパネルの設置を開始し、設置をスピードアップしています。


フローティングソーラーファームはハイブリッドシステムとして設計されており、36MWの水力発電と連携して最適化能力を高めます。


2018年の国家電力開発計画の下で、Egatは、今後20年間で、2,725MWの合計容量で、全国の9つのダムすべてにさらに多くのフローティングソーラーファームを建設することを約束しています。 また、ソーラーパネルで生成された電力を貯蔵するために不可欠な最新のエネルギー管理およびエネルギー貯蔵システムの採用も計画しています。


Egatは、すべての貯水池に415メートルの自然歩道を建設し、新しい観光名所にさらに発展させています。