ベトナムが屋上固定価格買取制度を削減し、グリッド圧力を緩和

- Mar 22, 2021-

ソース:tuoitrenews.vn


Vietnam To Cut Rooftop Solar Feed-in Tariff To Ease Grid Pressure 8


ベトナムは、最近の設備容量の急増に続く国の電力網への圧力を軽減するために、屋上ソーラーパネルの固定価格買取制度を30.8〜37.9%引き下げる計画であると国営メディアが水曜日に報じた。


ベトナムは近年、アジアで最も急速に成長している再生可能エネルギー市場の1つですが、送電システムの開発が遅れており、新しい太陽光発電所のいくつかは設計された容量を下回っています。


産業貿易省は、関税を8.38セントから1キロワット時(kWh)あたり5.2〜5.8 USセントに引き下げることを計画している、とDai Doan Ket新聞は報じ、同省のGG#39の長を引用しました。 再生可能エネルギー局、Hoang Tien Dung

報告書によると、新関税は4月から発効する予定だという。


GG quot;新しい料金は投資家にとって依然として有益であり、グリッドと送電システムへの圧力を軽減するのに役立ちます、GG quot; 糞は言ったと伝えられた。


報告書によると、屋上ソーラー設置は過去3年間で急成長し、ベトナムGG#39の屋上ソーラーパネルの総設置容量は2019年末の377.9 MWから925.8メガワット(MW)に上昇しました。


ベトナムは、政府のGG#39のマスター電力開発計画の草案によると、2021年から2030年の期間に、電力網の開発の5分の1近くを含め、電力業界に最大1,283億ドルの投資を必要としていました。今年後半にリリースされました。


この計画では、ベトナムは2020年末の69 GWから2030年までに総発電容量を137.2ギガワット(GW)に引き上げる予定です。非水力再生可能エネルギーの割合は2030年までに29%、2045年までに44%に引き上げられます。 。