EUで風力と太陽光発電が石炭を上回る

- Feb 09, 2020-

出典:windpowermonthly.com


欧州連合(EU)の風力発電所と太陽光発電所は、昨年初めて石炭火力発電所よりも多くの電力を生成しましたが、電力部門からの温室効果ガス(GHG)排出量は、1990年以来どの年よりも大幅に減少しました。


風力と太陽光発電の拡大に最も意欲的な国々は、電力市場価格の最大の下落を経験しています(写真:Invis Energy)
風力と太陽光発電の拡大に最も意欲的な国々は、電力市場価格の最大の下落を経験しています(写真:Invis Energy)


発電における再生可能エネルギーのシェアは、2019年に1.8ポイント上昇して過去最高の34.6%になりました。


ドイツのシンクタンクアゴラエナギーウェンデと英国の対応するサンドバッグによると、風力と太陽光の合計は2018年から2.1ポイント増加して17.6%を占め、石炭の14.6%を超えました。


炭素価格の上昇は、昨年、石炭および褐炭の火力発電所からの発電の崩壊を引き起こし、天然ガス、原子力、再生可能エネルギーよりも高価になりました。


石炭の発電量が24%減少したため、EUの発電所からのGHG排出量は2018年から2019年にかけて1億2000万トン減少し、前年比で12%減少したとシンクタンクは述べています。


Agora EnergiewendeとSandbagによる2019年のユーロスタットデータからのEUの世代構成に関する計算


英国 、アイルランド、 スペインの ような国々は 風力発電と太陽光発電機の拡大に意欲的でしたが、輸入、原材料コスト、炭素価格に依存しにくいため、電力市場価格の下落が最も大きくなりました。


Sandbagの欧州電力アナリストであるDave Jones氏は次のように述べています。


「その結果、過去1年間の電力部門からのCO2排出量はかつてないほど急速に減少しました。」


再生可能エネルギーの拡大


シンクタンクは、風力と太陽光発電を合わせて昨年、569TWhを生み出し、2018年から12.6%増加しました。


風力発電は、有利な状況と2019年の欧州全体での16.8GWの追加容量により、前年比で14%増加しました。太陽光発電による生産は7%増加しました。


比較すると、干ばつは水力発電の出力が6%以上低下し、冷却のために水を必要とする原子力発電にも打撃を与えることを意味しました。


風力発電は2019年の総発電量の13.4%を占め、2018年から1.8ポイント増加しましたが、昨年は太陽光が0.3%ポイント増加して4.2%を供給しました。


チェコ共和国を除くすべてのEU加盟国では、電力構成における太陽光発電と風力発電のシェアが増加しています。


しかし、Magthias BuckのAgora Energiewendeの欧州エネルギー政策責任者は、拡大のペースは「さらに加速する必要がある」と警告しました。


2030年までに、EUの総エネルギーのほぼ3分の1は再生可能エネルギーから調達する必要があり、そのためには2019年のレベルから少なくとも33%発電を増やす必要があります、とシンクタンクは付け加えました。


石炭崩壊


石炭火力発電所を持つすべてのEU諸国は、2019年に発電シェアの低下を記録した、と研究機関は指摘した。


石炭火力発電所で発電された電力はヨーロッパ全体で32%減少し、褐炭ベースの電力出力は16%減少しました。


石炭の崩壊は、CO2排出の価格が1トンあたり約25ユーロに上昇したことによって引き起こされたと、ウォンク単位が追加されました。


この増加は、EU排出権取引システム(ETS)が昨年のエネルギー、産業、および航空セクターで消費されたよりも約3億以上多くのGHG排出許可を発行したにもかかわらず生じました。


Agora EnergiewendeのBuckは、化石燃料による資金調達を阻止し、再生可能エネルギーへの投資を促進したい場合、ETSは以前に計画されていたよりも早く発行許可を減らす必要があると述べました。